染みは様々な種類があり、種類によってどう染み抜きをするかや、染みの落ち方なども異なっています。
水溶性の染みが最も大きな割合を占めていて、コーヒーやしょうゆなんかをこぼしてしまって付着したものです。
水溶性にあたる染みは、ついて間もない染み抜きであるなら水だけで綺麗に落とすことができます。
でも、すぐに取らないと落ちにくい状態になり、染みになってしまいます。
その次に多い染みというのは、オイルを含んだ染みで、調理油や口紅などが原因です。
油性であることから、染み抜きにクレンジングオイルを利用すれば取り除きやすいです。
しかしながら、油性の染みも時間が経つとより落ちにくくなってしまいます。
油性の染みに当てはまるのか、水溶性の染みに当てはまるのか区別できない場合は、染みの部分に少量の水を落としてみましょう。
染みの部分に水が吸い込まれていけば水溶性で、水が浸透しなければ油性の染みに該当します。
その他にも、不溶性という水溶性・油性のどちらでもない手強い染みもあって、ペンに使用されるインク類や墨汁などがそのたぐいです。
油性や水溶性タイプの染み抜きのやり方では取り除きにくいので、手を用いて優しく手もみ洗いをしたり、ブラシを扱うなどして染み抜きを施しましょう。
こういった染みが主なものとなりますが、さらには血液などタンパクに分類される染みや、ワインや果物などの色素の染みもあります。
時間が経過することで古い染みになったり黄ばみが進行して、色が落ちてしまうといった染みになる場合もあります。
こういったタイプの染みの場合、染み抜きを家庭ですることは簡単ではないため、染みを見つけるとクリーニング店の力を借りるという人もいっぱいいます。
でも、染み抜き自体を取り扱っていなかったり、染み抜きが上手でないクリーニングのお店もありますので、利用する前にきちんと確認しておく必要があります。

ファイナンシャルプランナー難易度


Posted by user7977
Dated: 29th 4月 2013
Filled Under: 自己啓発